印刷

お知らせ・情報

第194回 保健・医療・福祉に関する勉強会/日本プライマリ・ケア連合学会 単位認定講座

2018/05/15

意思決定を支えるための「伴そう」を考える
~3 つの嘘と「練度の高い正直」~

椎名清和先生
つくば国際大学 産業社会学部社会福祉学科 准教授

日時:平成30年5月15日(火)  18:30~20:30

場所:筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F) GooglrMap版へ
 ※防犯の関係上,19:00以降は建物の正面入口がロックされます。スタッフにて出来うる限り入館対応を行いますが,なるべく19:00までにお越しくださるようお願いいたします。
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):・筑波大学中央行き「平砂学生宿舎前
              ・筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前」又は「天久保池

対人援助のあり方は,「ために」から「ともに」へと変化してきています。そうした状況下で地域包括ケアを推進していくためには,何を語るかではなく,われわれ自身が「専門職としていかにあるか」を,基本に立ち返って自ら考えることが重要です。行動変容のための「しこう」錯誤に必要な聴く力について再考してみませんか。
今回の勉強会では,つくば国際大学産業社会学部社会福祉学科准教授 椎名清和先生に「意思決定を支えるための「伴そう」を考える~3 つの嘘と「練度の高い正直」~」の演題で,お話していただく予定です。事前申し込みの必要はございません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。この講演会に参加されますと,日本プライマリ・ケア連合学会 専門医・認定医2単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(プライマリ・ケア)の一部となっています。

PDF資料

このページのトップへ