印刷

お知らせ・情報

第2回 CEGLOC カンファレンス  21世紀の教室における異文化間スキル

2018/12/08※参加登録 11/30まで

グローバル化し高度にデジタル化した社会で学び働くことは,否が応でも今日の課題であり,学習者に多文化環境で生活したり働いたりする準備をさせることは無視できない教育活動である。文部科学省は,これからの学習者は異文化に寛容である必要があるとして,異文化間の気づきや異文化間スキルの発達を促すプログラムを増加させることを大学に求めている。しかしながら,こうした大義名分のもとで,多くの疑問が未解決のままとなっている。たとえば,異文化に接触したことのない学習者や,そもそも接触を嫌がる学習者がいる場合に,我々はどのようにして異文化間コミュニケーションを指導すれば良いのか。どのように学習者の異文化間スキルを向上させることができるのか。日本の学生と留学生との協働を促進するために何ができるのだろうか。

このカンファレンスが企図するのは,研究者と実践者とを結集させて有意義な議論を行ない,異文化間コミュニケーションの文脈において理論と教室実践との橋渡しを行なうことである。外国語の教室における異文化間スキルの向上に関するトピックに関心をお持ちの研究者や実践者にお集まり頂き,それぞれの専門性を高めて頂きたく考えている。

会場

筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター (CEGLOC)

登参加録情報

このイベントへの入場は無料ですが、2018年11月30日までに以下のリンクから参加登録を行なう必要があります。
https://goo.gl/GtdrDA

イベントの広報

以下のリンクから英語版の広報資料を入手することができますので,ダウンロードして頂き,貴校にて同僚や学生の方に宣伝して頂けると幸いです。

ポスター(日本語)
第2回カンファレンスプログラム(英語)
第2回カンファレンスプログラム(英語と多言語)

その他の情報

CEGLOC周辺のレストラン(日本語)
筑波大学へのアクセス(英語)
CEGLOCの駐車場


主催:筑波大学 CEGLOC FD 委員会
共催:JALT 異文化間コミュニケーション言語教育 SIG, JALT 茨城チャプター

このページのトップへ