印刷

お知らせ・情報

公開講演会 ”ここちよい” ”つらい” 感覚の科学ー多様な感覚をもつ人同士の共生社会に向けてー

2018/12/26 ※要申込み

日本学術振興会「先導的人文学・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム)」のイベントとして、感覚の多様性についての公開講演会を行ないます。感覚の多様な発達に関わる最新の研究成果を紹介するとともに、建築士から、負担の少ない自然と調和した生活環境についてご講演いただきます。

日時:平成30年12月26日(水)16:30~19:00(開場16:00)

会場:筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 122講義室 GooglrMap版へ 
 (交通案内:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩5分)

プログラム:
16:30〜16:45 研究プロジェクト説明 筑波大学芸術系/小山慎一
16:45〜17:15 「脳の興奮の調整と自閉スペクトラム症の感覚過敏」 国立障害者リハビリテーションセンター研究所/井手正和
17:15〜18:00 「触れ合いで起こる親や子どもの行動生理変化」 東邦大学医学部/吉田さちね
18:00〜18:40 「ここちよい住環境をつくる試み 」 ヒダマリデザイン設計室/太田陽貴
18:40〜19:00 指定討論&ディスカッション 中央大学文学部/緑川晶

募集人数:50名

参加費:無料

申し込み方法:下記のホームページよりお申し込みください。
https://sites.google.com/view/sendo2018

お問い合わせ先:
筑波大学芸術系 小山慎一 skoyama#@#geijutsu.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ