印刷

国際交流

海外留学を希望する方へ
Q&A

写真
Q1:在学中に海外へ留学したいのですが,どのような方法がありますか?

A1:在学中に留学するには,大きく分けて2つの方法があります。ひとつは,自分で留学したい大学の情報を集めて,入学手続きなどもすべて自分で行う方法です。もうひとつは,筑波大学が持っている協定校へ留学する方法です。


Q2:留学を成功させるには,何が重要ですか?

A2:留学を成功させるためには,自分の将来を見据えた上で,何のために留学をするのかをはっきりさせること,しっかりとした自分の目標を持つことが最も重要です。この目標は具体的であればあるほど,あなたの留学は実り多いものになるでしょう。


Q3:留学するには,どのくらいの準備期間が必要ですか?

A3:準備期間として,1年から1年半をみておいてください。希望大学の情報を集めたり,語学試験を受けたり,入学手続きをしたりするには,あなたが思う以上に時間がかかります。留学生センターでは,留学に興味のある人は,1年生の時,あるいは遅くとも2年生の前半までに、その決断をし、準備をするよう勧めています。


Q4:協定校について教えてください。

A4:筑波大学では,海外の大学と交流協定を締結し,その多くの大学と授業料の相互不徴収協定を結んでいます。授業料の相互不徴収協定とは,この協定を結んでいる大学へ留学する場合,筑波大学へ授業料を納めれば,留学先の大学での授業料を免除されるという,あなたにはたいへん都合のよい協定です。


Q5:筑波大学の学生なら,どの協定校でも応募できますか?

A5:いいえ。協定校には,2種類あります。ひとつは,「部局間協定」と呼ばれるもので,これは筑波大学のある学類(あるいは研究科)と海外の大学の同等の組織が結んでいる協定です。したがって,あなたがその該当する学類(あるいは研究科)に所属していなければ,応募することができません。もうひとつは,「大学間協定」と呼ばれるもので,大学同士が全学的に結んでいる協定です。この種の協定であれば,原則として,筑波大学の学生なら誰でも応募することができます。


Q6:協定校へ留学する場合,留学期間はどのくらいですか?

A6:1学期(3ヵ月程度)から1年未満(いずれも、留学先大学の学年歴に従う。)です。


Q7:筑波大学が持っている協定校の一覧表はありますか?

A7:はい,あります。留学生センター短期留学・交流部門とグローバル・コモンズ機構国際交流支援部門(いずれも留学生センター2F)にありますので,いずれかで入手してください。この一覧表には,上のA4で述べた協定校の詳しい情報が載っています。 または,こちらのページにも記載があります。


Q8:協定校へ留学する利点は何ですか?

A8:3つの利点があります。第1は,あなたが留学を希望する大学の情報を学内で得やすいということです。過去に,あなたの先輩の多くが協定校へ留学しました。第2は,上のA4で述べた授業料の相互不徴収協定を結んでいる大学へ留学する場合,あなたが筑波大学へ授業料を納めさえすれば,留学先の大学での授業料が免除されます。第3は,数に限りはありますが,奨学金制度があります。


Q9:アメリカかオーストラリアの協定校へ留学したいのですが,何か条件はありますか?

A9:筑波大学での成績が優秀であるということと,留学先での授業を理解できる英語能力を持っていることが条件です。また,私費留学とは違い,交換留学では,各自が筑波大学を代表して,交換留学を行っているという意識を持たなければなりません。


Q10:その英語能力というのは,どの程度のものですか?

A10:TOEFL(Test of English as a Foreign Language)という英語能力試験があり,その点数が基準となります。大学により多少の差はありますが,TOEFLのペーパーテストで550点以上,コンピュータを使ったテスト(通常,CBTと呼ばれる)で213点以上,インターネットを通じたテスト(通常,iBTと呼ばれる)で79点以上の点数が必要になります。留学先の学部によって差がありますので,自身で確認してください。


Q11:TOEFLの内容をもう少し詳しく知るにはどうすればよいですか?

A11:留学生センター短期留学生・交流部門に資料があります。また,下のA17にあるように,海外留学に関する学内説明会においても,TOEFLについて詳しい説明を行います。さらに,TOEFLを実施しているETS(Educational Testing Service)のサイト(www.toefl.org ),あるいは日本でTOEFLを代行している国際教育交換協議会のサイト(www.cieej.or.jp )からも情報を得ることができます。


Q12:筑波大学内でTOEFL受験の準備はできますか?

A12:グローバル・コモンズ機構では,年2回程度TOEFL対策講座を実施するほか,授業科目としてTOEFL演習を春学期,秋学期にそれぞれ開講しています。その他,新入生(学群生)を対象に5月下旬頃にTOEFL-ITP試験を実施します。


Q13:アメリカの大学へ留学する場合,経費はどの位かかりますか?

A13:本学の協定校へ留学する場合,留学先での授業料は免除されますが,学生寮,食事などの経費が必要になります。この経費は,各個人により多少異なりますが,9ヵ月間留学した場合,往復の航空券も含み,総額で最低200万円程度(本学への授業料を除く。)必要となります。オーストラリアの協定校への留学も,ほぼ同額の費用がかかります。


Q14:アメリカの協定校への留学のための学内募集はいつ頃行われるのですか?

A14:協定校毎の担当教員(連絡調整責任者)が,学内掲示によって周知し,応募を募った後,面接試験を行い選抜します。なお,英米の大学は8月又は9月から,豪州の大学は1月から授業が開始されるのが一般的です。


Q15:アメリカかオーストラリアの大学へ留学したいのですが,具体的には,いつ頃から,どのような準備をすればよいのですか?

A15:経験的に言って,これらの国へ留学する場合,希望の大学が設定しているTOEFLの基準点をクリアすることが最も高いハードルになります。ですから,学内面接試験の1年前頃から,少し時間的余裕をもって,TOEFL-ITPなどを受験しながら,その準備をし,希望大学の基準点をクリアするようにして下さい(TOEFL-ITPとTOEFLは何回でも受験できます)。英語の準備とともに,希望する大学の情報を収集し,受講したい科目などを調査しておくことも必要です。


Q16:アメリカの大学の大学院に留学したいのですが,TOEFL以外に,受けなければならない試験はありますか?

A16:はい,あります。大学院の場合は,TOEFL以外に,GRE(Graduate Record Examination)という試験を受けなければなりません。この試験には,「General Test」と「Subject Test」の2種類があります。「General Test」は英語や数学に関する試験で,「Subject Test」は自分の専攻分野に関する試験です。両試験とも,TOEFL同様,日本国内で受験することができます。大学,学部によっては,「Subject Test」の試験を受ける必要のない場合もあります。どのような試験が必要かを知るには,希望大学の学部のサイトに入って,各自調べなければなりません。GREに関する簡単な資料は,留学生センター(2F)短期交流オフィスにありますが,詳細はGREのサイト(www.gre.org)で調べてください。


Q17:アジア諸国の協定校など,アメリカ以外の協定校に留学するには,どうすればよいのですか?

A17:本学の教員に,各協定校との連絡役(連絡調整責任者と呼ばれる)になってもらっています。上のA7の協定校一覧表に,各大学の連絡調整責任者が掲載されているので,その人たちにまずコンタクトして,情報を得ることからはじめてください。


Q18:学内で,海外留学に関する説明会を開催しているのですか?

A18:はい。グローバル・コモンズ機構では,6月から11月にかけて,年に数回,海外留学に関する説明会を開催しています。この説明会では,留学全般に関することだけではなく,TOEFLなどについても詳しく説明しますので,留学に関心のある人は是非参加してください。(なお,各回の説明会で説明する内容は異なります。)説明会の1ヵ月前から,日時・内容などの詳しい事柄を学内掲示します。


Q19:その他,質問などあれば,どこへ行けばよいのですか?

A19:留学生センター短期留学・交流部門あるいはグローバル・コモンズ機構・国際交流支援部門(いずれも留学生センター2F)に来て相談してください。また, 日米教育委員会(フルブライト・プログラム)のサイト(http://www.fulbright.jp )や国際教育交換協議会のサイト(http://www.cieej.or.jp )でも,留学全般に関する情報を得ることができます。

このページのトップへ