印刷

お知らせ・情報

NY世界貿易センタービルの崩壊過程に新説発表

2007/09/12

 米同時多発テロによる世界貿易センタービルの飛行機衝突過程を,磯部大吾郎准教授(システム情報工学研究科,構造エネルギー工学専攻)がコンピュータシミュレーションによって再現しました。
 旅客機の衝突でビルの「背骨(コア柱)」の鋼材がバネのように伸び上がって砕け,接合部が外れ崩壊につながった可能性を示唆しました。

関連リンク

このページのトップへ