印刷

お知らせ・情報

特別シンポジウム「科学技術基本計画と筑波大学の取組」開催

2007/09/12

 9月12日,今後の研究推進の方向性等を探ることを目的として,特別シンポジウム「科学技術基本計画と筑波大学の取組」を,学長,副学長,大学院研究科長等をはじめ約100名の教職員の参加を得て開催しました。
 シンポジウムでは,岩崎洋一学長の挨拶のあと,宇川彰学長特別補佐・研究戦略室長による「筑波大学による研究戦略の取組」と題した講演及び文部科学省科学技術政策研究所桑原輝隆総務研究官による「第3期科学技術基本計画における国立大学の状況をビブリオメトリクスから捉える」と題した基調講演が行われました。
 特に基調講演では,科学技術基本計画における筑波大学の研究成果等に関して,主に論文データベースによる分析等により,世界や日本における分野ごとの強み,特色等について明らかにしていただき,その後,桑原総務研究官及び同研究所伊神正貫主任研究官,阪彩香研究員と参加者により,多様な優れた研究拠点や国際競争力のある大学をどのように形成していくべきか等についての活発な意見交換や質疑応答が行われ,きわめて有意義なシンポジウムとなりました。

講演する桑原輝隆総務研究官
講演する桑原輝隆総務研究官
意見交換の様子
意見交換の様子

このページのトップへ