印刷

お知らせ・情報

イノベーション・ジャパン2007-大学見本市に出展

2007/09/12-14

 9月12日~14日の3日間,東京国際フォーラム(千代田区丸の内3-5-1)において,「イノベーション・ジャパン2007-大学見本市」が開催されました。このイベントは,科学技術振興機構,新エネルギー・産業技術総合開発機構が主催し,文部科学省,経済産業省などが共催するイベントで,国内大学の最先端技術と産業界のマッチングを図ることを主な目的としており,延べ約44‚000人と,昨年に比べ約5‚000人増の来場者がありました。
出展構成は「大学ゾーン」を柱に「TLOゾーン」,「大学発ベンチャーゾーン」のほか,大学発ベンチャー企業を支援する金融機関などによる「大学発ベンチャー支援ゾーン」や「研究機関ゾーン」により構成され,日本の産学連携の新しい出展モデルの構築により,技術移転,新産業創造を加速的に推進しようとするものです。
本学からは
○IT分野領域
 ◆システム情報工学研究科
  ・大田友一教授:複合現実感を利用して人間の視覚を支援する技術
  ・北川博之教授:大規模センサーデータ処理のための複合型情報基盤システム
  ・星野聖准教授:ヒトの手の動作を模倣する器用なロボットハンド
  ・掛谷英紀講師:3次元ヘッドアップディスプレイ
 ◆先端学際領域研究センター
  ・寅市和男特任教授:フルーエンシ理論によるマルチメディアの統一的記述方法
○ナノテク・材料分野領域
 ◆数理物質科学研究科
  ・宮崎修一教授:高温形状記憶合金の開発
○医療・健康分野領域
 ◆人間総合科学研究科(臨床医学)
  ・大河内信弘教授:肝再生治療に応用可能な血小板製剤の開発
の研究成果7ブースと知的財産統括本部1ブース,計8ブースを出展しました。
 中でも,大田教授の「複合現実感を利用して人間の視覚を支援する技術」については,Microsoft Innovation AwardのIT部門で部門賞を受賞しました。

 開催期間中,それぞれのブースでは,企業等からの来場者に技術移転などを図るべく,研究成果の紹介が積極的に行われ,筑波大学の研究技術のレベルの高さをアピールすることができました。

研究成果ブースの様子
研究成果ブースの様子
来場者の相談に対応する藤田尚徳技術移転マネージャー(左)
来場者の相談に対応する藤田尚徳技術移転マネージャー(左)

このページのトップへ