印刷

お知らせ・情報

奥村直樹内閣府総合科学技術会議議員が筑波大学を視察

2007/11/19

 11月19日,奥村直樹内閣府総合科学技術会議議員が,筑波大学を訪問し,工藤典雄副学長(教育)及び田中二郎システム情報工学研究科長らから,筑波大学の「高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム」の概要について説明を受けた後,同プログラムのシステムプログラミング授業の見学や指導教員(企業から派遣された実務家教員など)・学生との意見交換が行われました。
 その後,岩崎洋一学長などの執行部との懇談が行われ,さらに,計算科学研究センターや先端学際領域研究センター(TARA)を視察されました。
 「高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム」の視察においては,実践的な産学連携教育の実状やしっかりと目的意識を持って課程を修めている学生に対し多岐に亘る質問をされました。また,大学執行部との懇談では,大学院博士後期課程の人材育成に関する,企業側と大学側の現状認識や大学院教育の実質化等について,踏み込んだ意見交換が行われました。
 なお,視察には内閣府から,大江田憲治大臣官房審議官,大久保明参事官(情報通信担当),竹端寛治政策企画調査官付(ナノテクノロジー・材料担当),伏信一慶上席政策調査員(同),高橋義広上席政策調査員(情報通信担当)が,文部科学省からは,高等教育局専門教育課の藤原章夫課長,坂口昭一郎同課企画官,高橋亮同課科学技術教育係,研究振興局情報課の関根仁博情報科学技術研究企画官が随行されました。

学生控室の視察の様子(奥村議員は,視察及び随行者の左から5人目)
学生控室の視察の様子(奥村議員は,視察及び随行者の左から5人目)
計算科学研究センターの視察の様子(左端:岩崎学長,中央:奥村議員)
計算科学研究センターの視察の様子(左端:岩崎学長,中央:奥村議員)

このページのトップへ