印刷

お知らせ・情報

附属桐が丘特別支援学校平成19年度高等部卒業生が学長を表敬訪問

2008/03/14

 3月14日に卒業式を終えた,附属桐が丘特別支援学校高等部卒業生7名が,28日,岩崎洋一学長を表敬訪問しました。
 学長と対面した7名は一人ずつ自己紹介し,学長から卒業を祝う言葉をいただいた後,しばし歓談の時を持ちました。生徒達からは,学長室に飾ってある大きな額の書の意味や,なぜ,物理学を専攻されたのか,などいくつかの質問があり,岩崎学長は終始にこやかに応えられました。中でも,「学長先生はいつも何をしていらっしゃるのですか」という素朴な質問に,「これは実に本質を突いた質問だ」と微笑まれた学長の人柄に,生徒達は非常に親しみを感じたようです。
 当初,非常に緊張した面持ちでいた生徒達ですが,岩崎学長の肉声に接っすることができ,改めて筑波大学附属学校の卒業生としての誇りを自覚した様子でした。
 この日,約30分と短い時間でしたが,生徒の一人一人に学長自からが記念品手渡されるなど,卒業生にとって思い出に残る一日となりました。

岩崎学長(前列中央)を囲んでの記念撮影(生徒は,前列と後列右から3人目)
岩崎学長(前列中央)を囲んでの記念撮影(生徒は,前列と後列右から3人目)

このページのトップへ