印刷

お知らせ・情報

AsOBiNet 2008 in Tsukuba 開催

2008/03/24-30

 3月24~30日の7日間,生物系大学院生国際交流プログラムAsOBiNet(Asia-Oceania Biology Student Network)による生物学研究交流セミナーを筑波大学で開催しました。
 AsOBiNetは,2006年にユネスコアジア文化センターの大学院生交流プログラムへの採択を機に,生物系3専攻で発足した学生主体の国際交流組織です。既に,つくば,中国,タイーベトナムにて3回の交流実績があります。第4回目となる今回は,タイ(教員1名,大学院生4名)及び中国(大学院生1名,ポスドク1名)から合計7名,筑波大学からは11名の生物学類生及び生物系大学院生・研究者が参加し,研究・文化交流を行いました。
 1,2日目は,第1回国際プロティスト生物学シンポジウム(3月25,26日,筑波大学プレ戦略イニシアティブ)に共催として参加し,講演,ポスターセッション,ミキサーを通して国内外の研究者と交流しました。
 3日目以降の独自のプログラムでは,各大学の紹介,参加者自身の研究について学会形式のプレゼンテーションを行い,活発な意見交換が行われました。また,筑波大学のメンバーの案内により,研究室見学等を行いました。
 文化交流プログラムでは,ちらし寿司でのお花見パーティー,まさに桜の開花が始まったばかりの浅草をはじめとする東京観光,ユネスコアジア文化センターの訪問などを通して,この季節ならではの日本の行事・風景などに触れました。
 さらに最終日にはAsOBiNetの今後の活動についてのミーティングも行い,7日間を通してメンバー同士が親密なコミュニケーションを図ることができました。
 今回の活動についての詳細は,AsOBiNet Webサイトや,AsOBiNetマガジン(Webにて公開)の次号にて紹介する予定です。

ミーティングの様子
ミーティングの様子
しゃぶしゃぶを囲んで Welcome Party
しゃぶしゃぶを囲んで Welcome Party

関連リンク

このページのトップへ