印刷

お知らせ・情報

キャリア支援トークショー開催

2008/05/14

有森裕子が語る-あきらめずに,目標に向かう意義-

 5月14日,筑波大学キャリア支援トークショーを開催しました。このトークショーは,平成16年にキャリア支援室が設置されたことにともない,NHK水戸放送局と連携して開催しているもので,毎年,著名人を招き,筑波大学生のキャリア形成支援の一環として開催しています。
 6回目の今回は,五輪女子マラソンメダリスト有森裕子氏を招き,幼少のころからメダリスト,そして現在のボランティア活動についての体験談や思い出のトークをいただきました。このトークを通じ,有意義な大学生活と卒業後のキャリアを考える機会としていただくために開催したものです。
 腰塚武志副学長(学生生活)からの主催者あいさつのあと,有森裕子氏のバルセロナ五輪等の映像による紹介があり,キャスターの進行によるトークショーが行われました。
 有森氏のマラソンにかけた人生観に,聴講した130名の学生からは,ため息と賞賛のまなざしが注がれ,たくさんの学生から予定した質問時間を超えての質疑応答がありました。
 最後に渡辺三枝子キャリア支援室長から配布されたCARIO(筑波大学キャリアポートフォリオ)ワークシートについて,「これからも経験するたくさんの気づきを書き残すために,このシートを有効に利用して,これからの学生生活を有意義に過ごしてほしい。」とのメッセージがあり,トークショーは活気に満ちて終了しました。

あいさつする腰塚副学長
あいさつする腰塚副学長
熱くトークする有森氏(右)
熱くトークする有森氏(右)
渡辺キャリア支援室長
渡辺キャリア支援室長

このページのトップへ