印刷

お知らせ・情報

筑波大学特別講義:中内啓光客員教授

2008/05/15

 5月15日,筑波大学特別講義-大学と学問-(総合科目A:1単位)の第5回を開催しました。
 中内啓光東京大学医科学研究所教授(本学元基礎医学系教授)が,「新しい医療を求めて」という題目により講義をされました。
 中内教授からは,ハーバード大学に留学した際,アメリカの最先端の医療研修システムを体験し,世界の一流とはどういうものかを学んだことが,後々の進路に大きな影響を与えたことを話されました。
 また,現在,中内教授が研究している「幹細胞を利用した再生医療」についての説明があり,現在治療が困難とされている様々な病気が,これらを活用することによって治癒する可能性があること等,今話題となっている再生医療についての説明がありました。
 最後に,中内教授の研究室で活躍する筑波大学卒業生の紹介があり,「どういう分野であれ,筑波大学から大きく外へ飛び出し,自分の世界を見つけて活躍してほしい」とのメッセージを送られました。
 なお,前回から高大連携の一環として受講している竹園高等学校の生徒から的確な質問があり,中内教授も驚かれました。さらに,講義終了後の雑談の中で,この生徒が高校1年生ということが判明し,再度驚かれました。中内教授は「君みたいな優秀な人材は今すぐにでも研究室にきて研究をしてほしい」とエールを送り,さっそく研究室の見学に誘う等,リクルートをされましたが,是非,本学に入学してほしいものです。

中内教授の講義
中内教授の講義

関連リンク

このページのトップへ