印刷

お知らせ・情報

筑波大学特別講義:加藤澤男教授

2008/05/29

 5月29日,筑波大学特別講義-大学と学問-(総合科目A:1単位)の第7回を開催しました。
 加藤澤男教授(人間総合科学研究科)から,「オリンピックと私」という題目により,オリンピックの歴史及び教授ご自身のオリンピック経験に基づく所感について講義をされました。
 「物事には表も裏も上も下もあります。」とおっしゃる加藤教授。即術的な方法ではなく,失敗を繰り返すことで自ずと成功法が残るという「出来ることの周囲を食いつぶす」方法が,「頑丈な技」の習得につながると話されました。
 また,“「わかる」から「できる」ものではない。「できる」から「わかる」ものではない。”というお話しが,厳しい練習を自らに課し長期間世界のトップアスリートとして活躍してこられた加藤教授ならではの重い言葉と感じました。
 講義終了後には,総務部総務課大学会館係の特別な計らいで開館時間を延長した「筑波大学ギャラリー」へ。ほとんどの受講生が足を運び,加藤教授の7つの金メダル(※獲得した金メダルは8個。内7個を展示しています。)に「すばらしい!」,「感激した。」という歓声をあげていました。

講義中の加藤教授
講義中の加藤教授

関連リンク

このページのトップへ