印刷

お知らせ・情報

平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震の現地調査開始

2008/06/15

 本学の境 有紀准教授(システム情報工学研究科,構造エネルギー工学専攻)が,6月14日に発生した「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」の現地調査を開始しました。
 6月15日~17日の3日間,主として,震度6弱以上を記録した強震観測点周辺の被害状況の調査を行っており,調査結果は関連リンク(境准教授のホームページ)に速報として順次掲載していますので,ご活用ください。

 また,今回の災害に遭われた本学学生には,授業料免除等及び日本学生支援機構奨学金において特別の措置が適用されます。詳細は,関連リンク「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震の災害による経済的支援について」を参照ください。

関連リンク

このページのトップへ