印刷

お知らせ・情報

不審者対策講習会開催

2008/10/21-23

 10月21日~23日の3日間,17:30分から筑波大学附属病院で「不審者対策」講習会を開催しました。
 この講習会は,凶悪事件が頻発する現在において,とっさの時に役に立つ不審者に対する防犯訓練を実施することによって,職員自身の身を守ることはもちろんのこと,患者さんが安心・安全で治療が受けられるようにすることを目的として開催したものです。
 当日は,原忠篤病院総務部総務課長の挨拶の後,岡澤貞雄防犯相談役(病院総務部医事課)から「不審者に対する防犯訓練等の実施について」をテーマに,防犯に関する心構えや注意事項の説明を行いましたが,参加者は熱心に聞き入っていました。
 その後,刺股の使用方法及び護身術の基本の実技を行ないましたが,実戦さながらの訓練に参加者は目を見張り,改めて不審者対策及び防犯に対する意識を強めていました。

説明の様子
説明の様子
迫真の実技訓練
迫真の実技訓練

このページのトップへ