印刷

お知らせ・情報

アグリビジネス創出フェア2008に出展

2008/10/29,30

 10月29日,30日の2日間,東京国際フォーラム展示ホールにおいて農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェア2008~産学官の最新技術が大集合!新たなビジネスがここからはじまる~」が開催されました。
 アグリビジネス創出フェアとは,食と農林水産分野における新技術や研究成果の実用化・産業化の促進を目的とした技術交流展示会で,本年度が5回目の開催となります。
 会場は,農林水産省系の独立行政法人を中心に,大学,企業,団体が過去最高となる211のブースを出展し,2日間の来場者数は,昨年度実績(約9‚400人)を上回る約11‚000人であったとのことで,大いに賑わいを見せていました。
 筑波大学からは,生命環境科学研究科及び北アフリカ研究センターの協力を得て,瀧川具弘教授(生命環境科学研究科)による「農業用トラクタの自動走行技術」,礒田博子教授(同)による「食品・化粧品成分の機能性探索方法紹介」,中嶋光敏教授(同),清水直人講師(同)及び市川創作准教授(同)による「マイクロ/ナノエンジニアリングによる生物資源の高度利用システムの開発」等の研究成果のポスターや映像を用いて出展しました。
 筑波大学ブースでは,それぞれの教員や大学院生が来場者に対し研究成果の紹介や説明を行いましたが,熱心な質問が寄せられ,また,議論も交わされるなど,とてもホットな空間となりました。
 一方,プレゼンテーションルームAにおいて,Han(韓) Jun kyu 助教(同)が「多様なバイオアッセイによる食品機能成分や化粧品素材の探索」,清水講師(同)が「マイクロ/ナノエンジニアリングによる生物資源の高度利用システムの開発」と題したプレゼンテーションを行い,こちらも好評を博していました。

筑波大学ブース
筑波大学ブース
Han(韓)助教のプレゼンテーション
Han(韓)助教のプレゼンテーション
清水講師のプレゼンテーション
清水講師のプレゼンテーション

このページのトップへ