印刷

お知らせ・情報

「オワンクラゲの輝きを見たい!」に応えて講座開講

2008/11/12,13 菅平高原実験センター

 今年,ノーベル化学賞を受賞された下村脩博士が発見した「オワンクラゲ由来のGFP(Green Fluorescent Protein:緑色蛍光タンパク質)とは?」,そして「その輝きを見たい!」との菅平中学校選択理科の3年生5名の要望に応え,筑波大学菅平高原実験センターでは,「教育目的遺伝子組換え実験」講座を11月12日,13日に開講しました。
 実験キットを用いて,GFP遺伝子が組み込まれたプラスミドを大腸菌に導入,紫外線下でコロニーの蛍光を観察し,また導入されたプラスミドから大腸菌がGFPタンパク質を産生したことを蛍光顕微鏡で確認する実験です。中学生にとっては難しい理論でしたが,良く理解でき,また,実験自体も初めての経験でしたが,確実にプラスミドを導入でき,一晩培養した大腸菌はGFPタンパク質を産生していました。
 蛍光顕微鏡で一つ一つの大腸菌が美しい緑色の蛍光を発しているのを目にした受講生は,思わず感嘆の声を上げていましたが,GFPの美しい輝きを見ただけでなく,遺伝子発現とかライフサイエンスの素晴らしさの一端に触れたのだと思います。
 今後とも菅平高原実験センターは,このような地域の要望に応えて,教育貢献を積極的に進めていきます。

緑色蛍光を発する大腸菌をみて感動!
緑色蛍光を発する大腸菌をみて感動!
実験キットの説明を聞く受講生
実験キットの説明を聞く受講生

関連リンク

このページのトップへ