印刷

お知らせ・情報

第22回筑波大学河本体育科学研究奨励賞受賞式開催

2008/11/19

 11月19日,筑波大学5C棟108において,第22回筑波大学河本体育科学研究奨励賞授賞式を開催しました。
 この賞は,筑波大学の前身である東京教育大学の卒業生,株式会社ユーハイム代表取締役社長河本武氏からの奨学寄附金をもとに,筑波大学体育科学系の中堅・若手研究者の研究活動を奨励するために設けられたものです。
 今回で22回目を迎えた授賞式では,河本社長及び矢島春信取締役中央工場長ご臨席のもと,多数の体育科学系教員が見守る中,清水紀宏准教授の「体育・スポーツ経営学の方法論的課題:自己批判から再構築へ」,西保岳准教授の“Effects of posture on periphereal vascular responses to lower body positive pressure.”,東浦拓郎準研究員の“The interactive effects of exercise intensity and duration on cognitive processing in the central nervous system.”及び渡辺良夫准教授の「体操競技のあん馬における「一腕上で行われる全転向」の習得を促す補助用具」に対し,波多野澄雄副学長が賞状を授与しました。
 また,河本社長からは,4名の受賞者へのお祝いの言葉,体育科学系教員に対しては激励の言葉を頂きました。



上段左から,東浦準研究員,西保准教授,渡辺准教授,清水准教授
下段左から,清水一彦人間総合科学研究科長,波多野副学長,河本社長,矢島工場長,野村良和体育科学系長

このページのトップへ