筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|岩崎洋一学長の年頭所感

印刷

お知らせ・情報

岩崎洋一学長の年頭所感

2009/01/05

 皆様,明けましておめでとうございます。
 2009年の年頭に当たり一言所感を述べたいと思います。

 まず世界情勢をみますと,米国のサブプライムローン問題に端を発した,世界的な金融危機,経済不況は日本をも直撃し,製造業,輸出産業を中心に企業の業績が急激に悪化し,深刻な雇用情勢にあります。いわゆる「新自由主義」,「金融資本主義」の破綻といってもよいと思います。
 また,地球温暖化を代表とする環境問題,エネルギー問題,食料問題など,解決しなければ人類の存続を揺るがしかねない地球規模の問題にも直面しています。

 このように将来に不安があり,また,不透明感がある時こそ,知の拠点である大学の果たすべき役割は大きいものがあります。
 短期的には,現在の緊急事態,特に,学生の就職問題,留学生の生活費の問題に,決め細やかにかつ迅速な対応をする必要があります。
 中長期的には,人類が安全で安心に生活していける世界的システムの構築,地球温暖化の解決などには,知の結集が必要です。そのためには,これまでのような狭い学問領域に留まることは許されず,知の構造化,知の統合化が強く求められます。
 さらに,未来を担う人材,未来を切り拓く人材の養成が強く望まれています。
 このように,大学が担うべき責務は非常に重大でありますし,社会からも大学に対して強い期待が寄せられています。その一方で,日本の財政状況は相変わらず非常に厳しく,日本の高等教育への公の財政支出はGDP比0.5パーセントという先進諸外国に比べても非常に低い水準に留まっています。
 このような状況を踏まえて,大学人としては外へ向かって高等教育への投資が未来への投資であり,重要であるということを言い続けるとともに,大学自らが大きく変革していく必要があると考えています。
 
 今年は法人化6年目を迎え,次期中期計画の策定が前半の重要な課題となります。厳しくかつ激動の現代において高等教育はいかにあるべきかを原点に立ち返ってもう一度問い直して,筑波大学の現状を冷静に分析して,その特色・強みを踏まえた将来像を構想し,その上で,次期中期計画を策定する必要があると考えています。3月までは,現執行部と次期新執行部予定者と連携を取りながら作業を進めていきたいと考えております。

 このような取組みとともに,日々の施策の着実な実行ということも重要なことです。
 4年半余りの間に,皆さんのご尽力もあって法人としての基盤をさらに強化するとともに,多くの成果を上げることができました。いくつか紹介しますと,教育に関しては,新しい学群・学類体制の下で学生を迎えることができ,筑波スタンダードを公表することが出来たこと,研究に関しては,戦略イニシアティブ推進機構を立ち上げたこと,学生支援に関しては,スチューデントプラザを立ち上げ軌道に乗せたこと,大学の情報発信という意味では,筑波大学ギャラリーを開設したこと,また,学務システム,研究者情報システム,財務会計システム,人事給与システムなど当初計画した全てのシステムが整い,教員の業績評価を試行することができたこと,などを挙げることができます。

 今年は,これらの成果の上に,大学運営の基盤をさらに強化するとともに,教育・研究の質の向上を図る必要があります。教育・研究に関しては「国際化」,「国際水準」というキーワードが重要であると考えています。

 業務改善に関しては,これまでも繰り返し強調してきた「前向きに,外向きに,そして迅速に」というスローガンを今一度肝に銘じていただき,皆さんがそれぞれの持ち場で真の創意工夫を行っていただきたいと考えております。

 最後になりますが,私は3月で任期満了となり,4月からは新学長が新体制のもと大学運営に当たることになります。筑波大学がさらに飛躍するように,皆さんもそれぞれの持っている力を十二分に発揮していただきたくお願い申し上げ,私の年頭の所感といたします。

写真1:年頭所感を述べる岩崎学長(拡大版はpdf資料をご覧ください。)
写真1:年頭所感を述べる岩崎学長(拡大版はpdf資料をご覧ください。)
写真2
写真2

PDF資料

このページのトップへ