印刷

お知らせ・情報

生物学野外実習/陸域生物学実習・JTP生物学セミナ-1開講

2009/01/09-13 菅平高原実験センター

~冬の菅平で自然を学ぶ~

 1月9日~13日,筑波大学菅平高原実験センターで,筑波大学生物学類生を対象とした野外実習「生物学野外実習/陸域生物学実習」と,筑波大学短期留学国際プログラムの「JTP生物学セミナー1:JTP Seminar in Biology 1」を同時開講しました。
 中部山岳地帯の厳冬期のアニマルトラッキング,バードウォッチングなどを通し,動物や自然に対しての認識を深めることを目的として開講しましたが,履修学生22名のうち9名が留学生(米国,台湾,韓国,インドネシア及びリトアニア)と,国際色豊かな実習となりました。
 アニマルトラッキングとは,雪上に残された野生動物の足跡を追跡したり,糞などの生活痕や巣穴を観察したりすることをいいます。履修学生は,雪上に残されたキツネ,タヌキ,カモシカ,テン,ウサギ,リスなどの野生動物の足跡の見分け方を学び追跡し,また,糞を観察して動物が食べたものを調べたりもしました。追跡中にノウサギやリスに出会ったり,キツネの巣穴を見つけるといった場面もありました。
 バードウォッチングでは,マヒワ,ベニマシコ,オオマシコ,シメ,ホオジロ,ウソ,コゲラ,コガラ,ヒガラ,シジュウカラ,ヤマガラ,ゴジュウカラ,ツグミ,ノスリなど沢山の鳥を見つけることができました。
 さらに,樹皮下や石の下を調べて,蛾の幼虫,カメムシ,クモ類などが寒さをしのいで越冬している様子を観察し,一方,トビムシ,ガガンボ,カワゲラなどは厳寒の雪面でも活動していることが分かるなど,ほかでは体験できない学習ということもあって,みな,目を輝かせ自然や生物に触れ合っていました。
 きつい雪中行動でしたが,動物の足跡を追い,鳥の姿を探し,朽木を壊して小動物を採集するなど,持ち帰ったデータを解析し動物の行動を考察。さらには,拾った糞を分析して食性から糞の主を特定するなど,屋外観察後の研究発表会での履修学生らの研究成果は素晴らしいものでした。
 今後も菅平高原実験センターは立地を活用したこのような教育活動を,さらに推進していきます。

※筑波大学短期留学国際プログラム
 学部レベルの交換留学生を対象にした英語による特別プログラム(JTP:Junior Year at Tsukuba Program)です。
 国際関係,教育,心理,法律,比較文化,日本語・日本文化,生物,工学などの分野で約60科目が英語で開設されています。

氷漠「大明神滝」を囲んで記念撮影
氷漠「大明神滝」を囲んで記念撮影
鳥を見つめるバードウォッチング
鳥を見つめるバードウォッチング
研究発表会の様子
研究発表会の様子

関連リンク

このページのトップへ