印刷

お知らせ・情報

東京理科大学と連携協力に関する協定を締結

2009/01/20

 筑波大学は,1月20日に,「国立大学法人筑波大学と東京理科大学との連携協力に関する協定」を締結しました。
 この協定は,両大学が連携協力して教育研究活動の一層の充実と質の向上を図り,もって,学術の発展と有為な人材の育成に寄与することを目的とした,包括的な内容の協定です。
 現在のところでは,研究を中心とした三つの分野において具体的な連携内容の検討を進めています。
 一つ目は,本学の医学研究領域で確立されている各種の疾患モデル及びバイオアッセイ系と東京理科大学の持つゲノム時代の創薬方法論を合体し,新たな疾患制御創薬研究を展開するための研究プロジェクトが進行しています。
 二つ目は,本学学際物質科学研究センターと東京理科大学のポリスケールテクノロジーセンターとの連携により,異なる分野で個別に行われている原子・分子の組織化やアトミックテクノロジーに関して連携・融合を促し,物質・材料科学におけるイノベイティブな学域の創成を目指していきます。
 三つ目は,本学の工学,医学分野と東京理科大学薬学分野を緊密に連携させ,次世代の医療科学技術創出のための研究開発と境界領域で活躍する若手研究者の養成を推進し,真の生科学研究開発推進拠点の創出を図っていきます。
 今後は,これらの領域以外でも積極的な連携を推進し,両大学における教育研究資源を有効活用することにより,教育研究水準のさらなる高度化,個性・特色の明確化,大学運営基盤の強化等を図り,世界にその存在感を示す大学となることを目指していきます。

※協定に関する問合せ:筑波大学企画室(TEL.029-853-2051)

左から,協定締結後握手を交わす塚本桓世学校法人東京理科大学理事長,岩崎洋一筑波大学長,竹内伸東京理科大学長(拡大版はpdf資料をご覧ください。)
左から,協定締結後握手を交わす塚本桓世学校法人東京理科大学理事長,岩崎洋一筑波大学長,竹内伸東京理科大学長(拡大版はpdf資料をご覧ください。)

PDF資料

このページのトップへ