筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|外来者立体駐車場完成記念式典挙行

印刷

お知らせ・情報

外来者立体駐車場完成記念式典挙行

2009/01/09附属病院

 1月9日10:00より,筑波大学附属病院の外来者立体駐車場完成に伴う記念式典を,立体駐車場1階において挙行しました。
 この立体駐車場は,患者アメニティの向上,高度な医療体制の整備,教育研究機能の充実などを目標に掲げた筑波大学附属病院再開発整備事業の第一段階として位置づけられており,従来混み合っていた630台分の外来駐車場を,立体駐車場650台と平面駐車場160台の計810台収容に再整備し,患者様の利便性向上を図りました。
 当日は,田中敏理事及び山田信博附属病院長による挨拶,矢部輝雄施設部長による工事概要報告の後,田中理事及び山田病院長らによるテープカットを行いました。
 筑波大学附属病院では,国立大学としては全国初のPFIによる病院再開発整備事業を今後も進めてまいりますが,この立体駐車場の完成を機に,再開発機運がさらに高まりました。

テープカット(左から,鈴木君江副病院長,山田附属病院長,田中理事,五十嵐徹也副病院長,矢部施設部長)
テープカット(左から,鈴木君江副病院長,山田附属病院長,田中理事,五十嵐徹也副病院長,矢部施設部長)
初乗り入れ
初乗り入れ

このページのトップへ