印刷

お知らせ・情報

附属学校教育局教育長賞を授与

2009/02/16

 2月16日,筑波大学附属学校教育局では,筑波大学附属聴覚特別支援学校高等部3年の天野貴博君に「附属学校教育局教育長賞」を授与しました。
 天野君は,1月18日に東京都北区のJR尾久駅でホームから線路上に転落した男性を近くにいた人たちと協力して助け上げました。地元の消防署から感謝状を送られた際には,「僕は耳が聞こえないのですが,聞こえないとかは考えもせずに落ちた人を助けなきゃと思いました。次にまた困った人がいたら助けるようにしたいと思います。」と話していました。この様子はNHKの19時からのニュースで放映され,新聞各社でも取り上げられました。
 この度,人命救助に大きく貢献しその行動が他の模範となったことを,附属学校教育局の谷川彰英教育長が表彰したものです。

左から,塚越健一朗教諭(附属聴覚特別支援学校),四日市章校長(同),天野君,谷川教育長
左から,塚越健一朗教諭(附属聴覚特別支援学校),四日市章校長(同),天野君,谷川教育長
記念品を手にする天野君(左は,四日市校長)
記念品を手にする天野君(左は,四日市校長)

このページのトップへ