印刷

お知らせ・情報

第2回つくば産産学連携促進市 in アキバに出展

2009/02/24

 2月24日,東京都千代田区外神田の秋葉原ダイビルにおいて,「第2回つくば産産学連携促進市 in アキバ」(主催:つくば市)が開催されました。
 つくばエクスプレス(TX)沿線や首都圏の企業に対し,
 ・つくば市にある研究教育機関との産学連携の機会となること
 ・つくば発ベンチャー等を紹介すること
 ・新たな業務提携・販路拡大の機会をつくること
を目的としており,今回は「つくばの『測る』『見る』技術」がテーマでした。
 筑波大学からは,山海嘉之教授(システム情報工学研究科)が「人を測る技術とロボットスーツ『HAL』」と題した基調講演を行い,研究基盤総合センター応用加速器部門と,筑波大学発ベンチャーのエンザイムマイクロセンサーズ研究開発LLP,(株)つくば遺伝子研究所,(株)新エネルギー総合研究所,(株)アレナビオ及び SUSUBOX Project(筑波大学産学連携推進創業支援プロジェクトのもとで起業準備中)が参加しました。
 つくば市内の研究教育機関から8機関と,つくば発ベンチャー14社などが参加し,研究活動や事業内容をプレゼンテーション及びパネル展示等を行った今回は,昨年の約2倍の延べ456名の来場者があり,盛況の内に終了しました。

山海教授の基調講演
山海教授の基調講演
筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門のパネル展示
筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門のパネル展示
賑う SUSUBOX Project ブース
賑う SUSUBOX Project ブース

このページのトップへ