印刷

お知らせ・情報

平成20年度附属学校研究発表会開催

2009/02/21

 2月21日,筑波大学東京キャンパス大塚地区G501講堂を会場に,平成20年度附属学校研究発表会(主催:筑波大学附属学校教育局)を開催しました。
 この研究発表会は,筑波大学の附属学校及び附属学校教育局における日頃の研究成果を発表し,広く参加者から意見を求めることを目的に開催しています。
 当日は,研究発表として,附属学校教育局プロジェクト研究の一つ「ライフ・スキルを高める心理学の授業」の報告と「『科学の芽』賞の実践報告と科学教育の推進-小中高大の教職員が一体となって取り組んだ挑戦-」の報告がありました。続いて「これからの学校教育-附属学校からの提案-」をテーマとしたシンポジウムを行い,「教科教育で学力向上を確かにする」,「特別支援教育で学校が変わる」及び「国際教育が学校教育を豊かにする」と題した話題提供があり,討論を行いました。
 最後は,谷川彰英附属学校教育局教育長の「附属学校からのメッセージ」と題した講演で閉会となりました。
 参加者は附属学校教諭,本学教員の他,遠方からの参加もあり,筑波大学の附属学校における今後の研究のあり方等についてご助言をいただくことができました。

研究発表の様子
研究発表の様子
シンポジウムの様子
シンポジウムの様子
谷川教育長の講演
谷川教育長の講演

このページのトップへ