印刷

お知らせ・情報

茨城県との連携事業「世界に羽ばたく高校生選手強化事業」始まる!

2009/06/27

 筑波大学と茨城県の連携事業として「世界に羽ばたく高校生選手強化事業」が6月27日の開講式より始まり,来年3月末までの約9ヵ月に亘って実施されます。
 この事業は,茨城県の優秀な高校生を選抜して強化し,将来的にオリンピックなどの国際大会で活躍できる選手を県より輩出することを目的としたもので,併せて,インターハイや国体での県の成績向上を図ることも狙いとしています。
 現在,陸上競技,競泳,水球,バレーボール,バスケットボール,ラグビー,テニス,卓球及び柔道の9種目から28人の選手と6人の指導者が選考され,この事業に参加しています。
 事業の内容は,スポーツ科学に関する講義と各種測定及び筑波大学の運動部での実技からなり,事業の実施にあたっては,本学体育系の教員及び学生が全面的に協力し,成果の達成をめざします。

麻見直美准教授(人間総合科学研究科)の「スポーツ栄養学」の講義を熱心に聴く参加者
麻見直美准教授(人間総合科学研究科)の「スポーツ栄養学」の講義を熱心に聴く参加者
拡大画像
岡田弘隆准教授(同),増地克之講師(同)の指導のもと,外国人選手を相手に「柔道」の稽古を行う参加者
岡田弘隆准教授(同),増地克之講師(同)の指導のもと,外国人選手を相手に「柔道」の稽古を行う参加者
拡大画像

このページのトップへ