印刷

お知らせ・情報

平成21年度人間総合科学研究科第2回FDプログラム開催

2009/07/10

-良い大学教員となるために ~FD,TA・TF及び研究資金獲得の観点から~ -

 平成21年度人間総合科学研究科第2回FDプログラムを,7月10日に総合研究棟Dの公開講義室において開催しました。
 この企画は,同研究科において昨年度から導入されたTF制度を活用し,TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)から構成されるFDの組織化・制度化を指向し,未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
 今年度第2回の今回は,1学期に従事したTAの実績を踏まえて,事後指導としてのFDプログラムが行われました。
 教育企画室において,筑波大学の教育改革を実践されている石田東生教育企画室長の「筑波大学のFDの考え方と実戦」及び宮本陽一郎教育企画室員の「教養教育におけるTAの役割 -バークレー視察研修からコモンコア・パイロット授業へ-」と題したFDやTFに係る基本の講演に引き続き,「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」の奥脇暢准教授(人間総合科学研究科)から「研究に係るお金の話」として,研究資金獲得に必要なノウハウについて講演が行われました。
 今回のFDプログラムには,88名の参加者があり,今後,教育者をめざす大学院生はもちろんのこと,本プログラムの参加者全員にとって,たいへん有意義なプログラムとなりました。
 このプログラムは,FDの組織化の一環として位置づけられおり,今年度はあと2回(10月28日(水),2月上旬)のFDプログラムが予定されているので,次回以降も多数の方々に参加していただけることを希望します。

石田教育企画室長の講演
石田教育企画室長の講演
宮本教育企画室員の講演
宮本教育企画室員の講演
奥脇准教授の講演
奥脇准教授の講演

このページのトップへ