印刷

お知らせ・情報

第5回全国物理コンテスト物理チャレンジ2009開催

2009/08/02-5

 20歳未満で高等教育機関に就学する前の男女青少年を対象とする第5回全国物理コンテスト物理チャレンジ2009が,8月2日~5日,筑波大学をコンテスト会場として開催され,第1チャレンジにより選抜された101名のチャレンジャーが理論問題と実験問題に挑みました。
 コンテストに先立ち行われた開会式では,小林誠高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授から「好奇心を持ち続けよう」と激励の挨拶を頂きました。
 コンテストの合間には,フィジックス・ライブとして各種物理学研究や実験の生展示を見学し,また,サイエンスツアーとして独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA),高エネルギー加速器研究機構(KEK)等の最先端の研究に触れるなど全国から集まる同世代の若者同士や研究者・教育者たちとの交流を通して物理の魅力を知ってもらうことができました。
 つくば国際会議場で行われた表彰式では,金銀銅のメダルのほか,特別賞として,筑波大学長賞等が贈られました。今後,この受賞者の中から5名が選出され,2010年にクロアチアで開催される第41回国際物理オリンピックに,日本代表として派遣されます。

激励の挨拶をする小林特別栄誉教授
激励の挨拶をする小林特別栄誉教授
拡大画像
筑波大学構内での記念撮影
筑波大学構内での記念撮影
拡大画像
山田信博筑波大学長(左)と筑波大学長賞受賞者
山田信博筑波大学長(左)と筑波大学長賞受賞者
拡大画像

このページのトップへ