印刷

お知らせ・情報

筑波大学夏休み自由研究お助け隊2009開催

2009/07/25,26

 7月25日,26日に,中学生対象「筑波大学夏休み自由研究お助け隊2009」を第三エリア3B棟2階のプレゼンルーム,講義室などを会場として開催しました。
 この行事は,社会貢献の一環として,筑波大学の技術職員が毎年実施しているもので,今年で6回目の開催となりました。
 今回は,募集定員100名のところ111名の応募があり,つくば市,土浦市などの隣接の市町村,千葉県我孫子市,栃木県の益子町及び東京都内等の中学校と,千葉県千葉市及び三重県津市の小学校2校を含む34校から,2日間合計で108名が参加しました。
 アドバイスを受けた中学生からは,「とてもわかり易く楽しく学ぶことができた。来年も是非参加したい」。また,「将来筑波大学に入って学びたい」などの感想が寄せられ,大好評のうちに終了しました。

26日午前の部の開会式(お助け隊は,午前,午後毎の2日間,計4回実施し,それぞれに開会式を行ないます。)
26日午前の部の開会式(お助け隊は,午前,午後毎の2日間,計4回実施し,それぞれに開会式を行ないます。)
拡大画像
実施した16テーマのうちの「水路を使って実験しよう」の実験の様子(筑波大学陸域環境研究センターの設備を使用)
実施した16テーマのうちの「水路を使って実験しよう」の実験の様子(筑波大学陸域環境研究センターの設備を使用)
拡大画像
「水中の生物を観察する」という独自テーマ参加者の指導風景(企業から借用した高性能のデジタル顕微鏡「デジタルマイクロスコープ」を使用)
「水中の生物を観察する」という独自テーマ参加者の指導風景(企業から借用した高性能のデジタル顕微鏡「デジタルマイクロスコープ」を使用)
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ