印刷

お知らせ・情報

上田創造館科学教室「サンデー・サイエンス」,「大人の科学体験クラブ」開催

2009/09/12菅平高原実験センター

 上田創造館(財団法人上田市地域振興事業団)は,年間を通じて色々な世代を対象とした科学教室を開催されています。今回,筑波大学菅平高原実験センターは,同館の依頼を受けて「サンデー・サイエンス」と「大人の科学体験クラブ」の科学教室を開催しました。
 独立行政法人科学技術振興機構(JST)「未来の科学者養成講座」の委託事業である生物学類主催の「BSリーグ -めざそう未来の生物学者!」の生徒で,「つくば生物研究コンテスト」の金賞受賞者である湊廣輝君(上田市立菅平中学校3年)の研究材料は「クマムシ」という動物です。湊君の金賞受賞と母袋創一上田市長表敬訪問のニュースは,長野県や上田市の紙面で多く紹介され,「どのような動物なの?」とクマムシに興味をもたれた市民の方々は少なくないようです。このようなことから,「サンデー・サイエンス」と「大人の科学体験クラブ」の今回のテーマは,「クマムシを見よう!-クマムシとはどんな動物?」となりました。
 まず,湊君が金賞に輝いた「クマムシ」の研究発表を行いましたが,その不思議を知り,25名の参加者から多くの質問が寄せられました。その後,いよいよコケの中からのクマムシ探し。クマムシは,0.5mmほどの小さな動物なので探すのが大変ですが,同センター教員とTAの助けで,参加者全員,観察することができました。短い脚で歩くクマムシのユーモラスな姿に感動です!
 最後に,走査型電子顕微鏡でクマムシの観察をしました。ほとんどの方は初めての電子顕微鏡体験で,脚の先にある爪もはっきり観察できることにビックリされ,顕微鏡写真をたくさんもって帰られました。休日の楽しい科学体験になられたことと思います。

 筑波大学菅平高原実験センターは,今後も,地域や社会に開かれた教育活動を展開し,可能な限りニーズにも応えていきます。
 早速ですが,10月4日(日)には「創立75周年記念:菅平高原実験センター一般公開」も行います。申込等の手続きは不要ですので,お気軽にお越しください!
 ※詳細は,下記「関連リンク」をご覧ください。

湊君の研究発表
湊君の研究発表
拡大画像
クマムシ探し
クマムシ探し
拡大画像
走査型電子顕微鏡で観察したクマムシの姿
走査型電子顕微鏡で観察したクマムシの姿
拡大画像

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ