印刷

お知らせ・情報

筑波大学菅平高原実験センターオープンデー

2009/10/04創立75周年記念

 筑波大学菅平高原実験センターは,多くの方々のご支援で,日本随一の山地フィールド科学教育研究センターへと発展を遂げ,今年の10月12日をもって創設75周年を迎えます。
 10月8日(木)に記念式典・祝賀会を開催するとともに,そのプレイベントとして,10月4日にセンターの一般公開を催しました。
 秋雨の合間の晴天にも恵まれ,長野県を中心として関東近県の方々も含め123名の来訪をいただきました。菅平高原の自然及び環境科学に関連する講演,菅平高原実験センターの施設及びセンターで行っている研究の紹介,並びに,休日閉園としている同センター樹木園のオープンを行いました。
 菅平高原実験センターは,植生遷移を保存した貴重な環境と,美しい滝のある大明神沢を有しており,保全のために非公開としておりますが,このオープンデーでは,初めてこれらの林や渓谷を一般に公開しました。「このような素晴らしい施設や環境が近隣にあったのか!」,「自然を観るのがさらに楽しくなった」,「とても気持いい休日であった」,「興味深い研究に触れることができた」などの感想もいただき,「このような機会を今後も設けてほしい」との多数の要望もいただきました。
 菅平高原実験センターは,創設75周年の機に臨み,フィールド科学教育研究施設としてさらなる発展を期し,社会貢献の観点からも,さらに開かれたセンターを目指します。

立ち席も出る,センター紹介会場
立ち席も出る,センター紹介会場
拡大画像
実験室の紹介
実験室の紹介
拡大画像
初めて一般公開され,記念撮影で賑わう大明神の滝
初めて一般公開され,記念撮影で賑わう大明神の滝
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ