印刷

お知らせ・情報

筑波大学産学連携会ニーズ・シーズ情報交換会(第6回)開催

2009/11/27

 11月27日,筑波大学産学連携会ニーズ・シーズ情報交換会(第6回。主催:筑波大学産学連携会(TOMO:Tsukuba Office for Meeting Opportunities))を筑波大学産学リエゾン共同研究センターにおいて開催しました。
 この情報交換会は,産学連携会会員等と筑波大学関係者による情報交換の場を提供し,筑波大学の産学連携諸活動の推進に寄与することを目的に平成16年から毎年開催しています。
 今回は,筑波大学と日立製作所の産学連携,医療・健康や環境分野に貢献する技術を紹介することをテーマとしました。
 情報交換会は,筑波大学を代表して山田信博筑波大学長が挨拶を行い,引き続き,(株)日立製作所機械研究所の北野誠主管研究長から「筑波大学と日立製作所の産学連携」について,矢野博明准教授(筑波大学システム情報工学研究科)から「階段昇降に対応した歩行感覚呈示装置を用いた歩行リハビリテーションシステム」について,最後に中村潤児教授(同数理物質科学研究科)から「燃料電池電極触媒における脱白金化及び白金量の低減」について,それぞれ講演をいただきました。
 情報交換会終了後は,産学連携会会員等及び筑波大学関係者との懇談会を実施しました。

挨拶をする山田学長
挨拶をする山田学長
拡大画像
講演をする北野氏
講演をする北野氏
拡大画像
講演する中村教授
講演する中村教授
拡大画像

このページのトップへ