印刷

お知らせ・情報

クリスマスイルミネーション

2009/12/24附属病院前広場:2009/12/14-2010/01中旬

 12月14日から,筑波大学附属病院前広場で,クリスマスイルミネーションを始めました。
 日頃は昼間だけの憩いの広場ですが,広場のクリスマスツリーとイルミネーションが,夕方,広場の池の水面にキラキラと反射しながら輝き出すと,厚手の服で防寒した患者さまや学生,職員‚ 近隣の方々が,誘われるように集まってきます。
 これらのクリスマスイルミネーションは,筑波大学芸術専門学群の学生等で組織されている「アスパラガス」の学生と,筑波大学病院総務部医事課の有志により飾り付けされました。アスパラガスは,2005年から筑波大学附属病院リニューアルチームとして,アートを通して院内に彩りとコミュニケーションを生み,医療環境を向上させるための活動を行っている団体です。
 この広場は,附属病院の開院当初から,患者さまや地域住民の方々の心いやす場として愛され続けてきましたが,附属病院再開発事業によって姿を消すこととなりました。広場が,長きわたり癒しの空間として働いたことに感謝の気持ちを込め,最後にクリスマスイルミネーションでの飾り付を行う運びとなりました。
場所:筑波大学附属病院前:広場の噴水GooglrMap版へ
アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学病院入口」下車

※クリスマスイルミネーションは,2010年1月中旬頃まで行う予定です。
 キラキラと水面に反射する輝きをお楽しみください。

池に反射しながら輝くクリスマスイルミネーション
池に反射しながら輝くクリスマスイルミネーション
拡大画像

このページのトップへ