印刷

お知らせ・情報

JTP生物学セミナーI -厳冬期の動物たちの生き様に触れる- 開講

2010/01/08-12 菅平高原実験センター

 1月8日~12日,筑波大学菅平高原実験センターでは,筑波大学留学生センターの留学生を対象とした,JTP(Junior Year at Tsukuba Program:筑波大学短期留学国際プログラム)生物学セミナーI(Seminar in Biology I)を開講しました。
 この実習は,典型的な中部山岳地帯の積雪期における動物を中心とした生物の生き様に触れ,生物に対しての認識を深めることを目的としています。
 今年の実習には,現在菅平に滞在し研究を行っている,カリフォルニア大学バークレー校からのJSPS(Japan Society of the promotion of science:日本学術振興会)外国人特別研究員(欧米短期)と,新年度に生命環境科学研究科の博士課程に進学予定のタイ国カセサート大学講師も参加されました。
 寒気団襲来! 大変な積雪の中でのきつい野外活動となりましたが,その分,厳冬期にたくましく生きる動物たちの生き様が強く印象付けられたはずです。「楽しかった!」と語る受講生の目の輝きに安堵しています。
 なお,同様の実習を,初春にも計画しています。

※「大明神の滝」も全面氷結しました。
 この冬,普段非公開のこの滝を見学する『冬の「大明神の滝」見学ツアー』を2月21日開催しますが,好評を頂き,当初の募集定員がすぐに埋まっていまいました。
 このため,定員を追加して対応させていただきましたが,その追加定員枠も既に埋まり,誠に申し訳ありませんが,募集を締め切らさせていただきました。
 またの機会のご参加をお待ちしております。

全面氷結した「大明神の滝」の前で記念撮影
全面氷結した「大明神の滝」の前で記念撮影
拡大画像
餌台で満足そうなニホンリス
餌台で満足そうなニホンリス
拡大画像
実習の締めくくり「研究発表会」
実習の締めくくり「研究発表会」
拡大画像

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ