印刷

お知らせ・情報

第9回TXテクノロジー・ショーケース・in・つくば2010開催

2010/01/22,23

 1月22日,23日の2日間にわたり,TXテクノロジー・ショーケース・in・つくば2010(主催:財団法人茨城県科学技術振興財団つくばサイエンス・アカデミー 共催:茨城県,つくば市,筑波大学等26の機関,団体)を筑波大学大学会館において,791人が参加のもと,盛大に開催しました。
 このショーケースの狙いは,研究者約23‚000人が活動を続ける筑波研究学園都市で,研究者相互,技術者相互,研究者・技術者・企業・行政の横断的個別交流を促進すると同時に,新たな発想に基づく研究,ベンチャー事業への契機となる場を提供し,幅広い分野の研究者,企業関係者に新たな出会いとひらめきの場を提供しよう開催したものです。
 今回は,初めて「高校生科学研究発表会」を併催し,研究者,技術者と高校生や大学生といった,若者との交流の機会を提供しました。
 また,「イノベーションつくば」を特別企画展示として実施し,筑波大学,大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構,独立行政法人物質・材料研究機構及び独立行政法人産業技術総合研究所の各先端機器共用施設が持つ人材育成機能を紹介しました。
 今回のショーケースは,「3E(環境,エネルギー,経済)実現のための科学技術と人材育成」をメインテーマとし,特別講演,シンポジウムを実施しましたが,筑波大学からは,特別講演には白岩善博教授(生命環境科学研究科)に「大学が担う科学者育成と科学マインド醸成-全ての大学院生を対象とする科学リテラシー教育-」の講演を,シンポジウムでは,内山洋司教授(システム情報工学研究科)に「エネルギー環境問題から見た持続可能な発展」について,また,天沼拓人氏(社会工学類4年)及び佐藤有里子氏(国際総合学類4年)には,「3Eの調和に向けて-筑波大学内での取り組み-」についての講演を行っていただき,パネルディスカッションも行なって頂きました。
 その他のプログラムは,ポスター&インデクシング発表(118テーマ),企画展示,共催研究機関広報展示,3E技術サロン,キャリア支援相談窓口,サイエンス・カフェ,インターナショナル・カフェがあり,筑波大学からは,ポスター&インデクシング発表に18件,企画展示に8件,共催研究機関広報展示に1件を出展しました。また,インターナショナル・カフェは,筑波大学の社会貢献プロジェクトである City Chat Cafe をTXテクノロジー・ショーケースの特別企画として実施しました。
 高校生科学研究発表会には,茨城県内の9の高校から74件のポスター発表があり,約180人の高校生が参加しました。サイエンス・カフェは7の分科会で実施し,高校生と研究者・大学生とが活発な質疑応答を行い,大いに盛り上がりました。

ポスター展示会場の様子
ポスター展示会場の様子
拡大画像
サイエンス・カフェの様子
サイエンス・カフェの様子
拡大画像

このページのトップへ