印刷

お知らせ・情報

第3回つくば産産学連携促進市 in アキバに参加

2010/02/16

 2月16日に,秋葉原ダイビルにおいて「つくば産産学連携促進市 in アキバ」(主催:つくば市)が開催されました。
 この催しは,TX沿線や東京都を中心とする首都圏の企業と,つくば市内の研究教育機関との産学連携の機会の拡大や,イノベーションの促進を目指し,昨年に引き続き開催されたものです。
 今回は「『試せる場』つくば」をテーマとし,つくばの持つオープンファシリティ機能及び街を使った実証実験,並びに,社会実験の展開,ロボットによるデモ等つくば市ならではの取り組みを紹介しました。
 筑波大学では,油田信一教授(システム情報工学研究科)による「『つくばチャレンジ』ロボット技術開発のための公開参加による自律移動ロボットの市街地走行実験」と題した基調講演,上原健一教授(産学リエゾン共同研究センター)によるつくば市内のオープンファシリティの概要説明,研究基盤総合センター応用加速器部門でオープンファシリティ相談コーナーを開設するなど,積極的に参加しました。
 当日は,延べ410名の来場者があり,盛況のうちに終了しました。

※オープンファシリティ
 大学や研究機関が持っている設備を,外部の研究者が利用できる仕組みです。つくば市では,多くの機関や企業がこれを利用し,大きな成果を出しています。

基調講演を行う油田教授
基調講演を行う油田教授
オープンファシリティの概要説明を行う上原教授
オープンファシリティの概要説明を行う上原教授
応用加速器部門のブースで対応する石井聡技術専門職員(左)及び田岸義宏研究員
応用加速器部門のブースで対応する石井聡技術専門職員(左)及び田岸義宏研究員

このページのトップへ