印刷

お知らせ・情報

冬の「大明神の滝」見学ツアー開催

2010/02/21菅平高原実験センター

 まだまだ寒さの厳しい21日,筑波大学菅平高原実験センターで一般の方々対象としたツアー,題して「冬の『大明神の滝』見学ツアー」を開催しました。
 大明神の滝とは,同センター敷地内を流れる大明神沢にある落差約10メートルの滝です。菅平高原の凍える寒さにさらされて,毎年12月下旬から3月上旬にかけて凍った状態が見られますが,センターの実験区域内にあり,また,歩道も十分に整備されていないことから,通常は非公開としております。
 昨年10月4日,同センターの創設75周年記念イベントとして「筑波大学菅平高原実験センターオープンデー」を開催し,初めて大明神の滝の見学ツアーを行いました。そして,これをご覧になられた方々から「凍った滝をぜひ見たい!」という声が多数寄せられました。
 「ぜひこれに応えたい!」と,スタッフ一同で考え,雪の上に残された痕跡から,どういう動物が,どのような行動をしたか,どのような生活をしているかなど,その動物の生態を読みとるアニマル(動物)トラッキング(追跡)を楽しみながら滝を目指す,この時期ならではの自然観察ツアーを企画しました。
 当日の参加者は80名。上田市内を中心に近隣市町村,その他埼玉県や神奈川県からも参加者が集まりました。快晴に恵まれて風も穏やか,絶好のツアー日よりです。この日は9時,11時及び13時と3回のツアーを組み,それぞれ30人弱が列になって滝までの雪道を進みました。ツアーには町田龍一郎准教授(筑波大学生命環境科学研究科),出川洋介助教(同)のほか同センタースタッフが同行し,自然解説を行いながら参加者を案内しました。
 道中では,ひづめがくっきりと残っているカモシカの足跡,尻尾の跡まで残っているネズミの足跡,その他ウサギ,テン,キツネ,リスといった非常にたくさんの足跡が見られました。この日初めて動物の足跡を知った方も,すでに知っておられた方も楽しそうに観察され,とても盛り上がっておられました。リスが樹上を走っていく姿を見ることができた方は,初めての体験にとても嬉しそうでした。
 渓谷を抜けて滝が見えてくると「わあ~!」という歓声が次々にあがりました。大明神の滝は薄い水色~乳白色の分厚い氷で覆われ,氷の内側に水が流れています。氷穴に耳を澄ませ「ここから滝の音が聞こえるよ!反響してる!」と喜ぶ家族。「来てよかった!こんなにすごいとは思わなかった!」と叫ぶ人。おもむろに三脚を立てて写真を撮る人。凍った滝の回りでは,思い思いに楽しまれておられました。
 ツアー後に頂いたアンケートでは,大多数の方に満足していただけたようです。「スタッフの説明があってとても充実した時間を過ごすことができた」,「四季を通して今回のようなイベントを企画してほしい」といった声が寄せられる一方「参加人数が多すぎる」,「質問がもっとできたら良かった」といった意見も頂きました。
 今回の経験とご意見を活かし,今後も魅力的なイベントを開催していきますので,是非ご参加ください!

大明神の滝を前に,思い思いの時を過ごす参加者
大明神の滝を前に,思い思いの時を過ごす参加者
拡大画像
テレビ信州,信濃毎日新聞及び上田ケーブルテレビの方が取材に訪れました。写真は,テレビ信州の記者の方に応える町田准教授(右)
テレビ信州,信濃毎日新聞及び上田ケーブルテレビの方が取材に訪れました。写真は,テレビ信州の記者の方に応える町田准教授(右)
拡大画像
大明神の滝に向けて林立する三脚
大明神の滝に向けて林立する三脚
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ