印刷

お知らせ・情報

アキバテクノクラブ「レビュー&プロモーション2010」に参加

2010/03/16

 3月16日,秋葉原ダイビルにおいて,秋葉原クロスフィールド産学連携機能5周年記念「アキバテクノクラブ『レビュー&プロモーション2010』」が開催されました。
 アキバテクノクラブ(ATC)は,「秋葉原ダイビル産学連携フロア」に入居する大学・企業・独立行政法人等で構成され,メンバー間のコミュニティ形成を目的とする「相互交流の場の創出」,メンバー内外に向けた「活動内容等の情報発信」などの活動を行っており,筑波大学もその構成員となっております。
 今回は,秋葉原クロスフィールド産学連携機能5周年記念としてATCの5年間の活動成果をマスコミなど情報発信力のある者にPRするとともに,ATC構成員及びその関係者同士の交流を更に深めることを目的として開催されたものです。
 筑波大学は,インデクシング発表として,法科大学院の山口卓男客員教授(筑波アカデミア法律事務所代表・弁護士)による夜間・社会人大学院における法曹養成の状況についての報告と,産学連携本部の平林久明産学官連携コーディネーターによる筑波大学の産学連携活動の紹介を行いました。そのほか,テーマとして「産学連携はイノベーションを誘発できるか。」を掲げ,様々な角度からパネルディスカッション等を行い,盛況のうちに終了しました。

インデクシング発表を行う山口卓男客員教授
インデクシング発表を行う山口卓男客員教授
拡大画像
インデクシング発表を行う平林久明産学官連携コーディネータ
インデクシング発表を行う平林久明産学官連携コーディネータ
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ