印刷

お知らせ・情報

「環境防災学プログラム」キックオフ・フォーラム開催

2010/05/17

 5月17日,筑波大学総合研究棟A公開講義室110において「環境防災学プログラム」キックオフ・フォーラムを開催しました。
 このフォーラムは,今年度より筑波大学生命環境科学研究科に「環境防災プログラム」が開設されたことを踏まえ,環境防災学の課題と本プログラムの意義・使命について検討し,筑波大学としての本プログラム遂行への決意を新たにするために開催したものです。
 フォーラムは,東照雄生命環境科学研究科長の挨拶とプログラムの紹介にはじまり,本学の清水一彦副学長,国土交通省河川局砂防部の牧野裕至部長,(財)砂防フロンティア整備推進機構の森俊勇理事長より,期待と励ましの祝辞を賜りました。
 その後,元山古志村村長の長島忠美衆議院議員より,「新潟県中越地震からの復興と教訓」と題し,基調講演をいただきました。長島先生からは,住民と一緒になって新潟県中越地震による激甚災害からの復興を目指した当時の熱い思いをご講演いただきました。
 パネル討論では,西本晴男環境防災学プログラム専任教授の進行のもと,「環境防災学の明日を探る」をテーマに,NHKの山崎登解説副委員長,国土交通省砂防部の牧野裕至部長,(社)全国治水砂防協会の岡本正男理事長より,それぞれの立場から見た環境防災学上の課題について話題提供がなされ,会場からの意見も交えながら,環境防災学の今後に向けて活発な議論が交わされました。

清水副学長の祝辞
清水副学長の祝辞
拡大画像
基調講演を行う長島議員
基調講演を行う長島議員
拡大画像
NHK山崎解説副委員長らによるパネル討論の様子
NHK山崎解説副委員長らによるパネル討論の様子
拡大画像

このページのトップへ