印刷

お知らせ・情報

学年別参観日「生き物いっぱい 自然は友達!!」開催

2010/06/01菅平高原実験センター

 筑波大学菅平高原実験センターでは,地域の要望に応え,理科教室などいろいろな社会貢献活動を行っています。この一環として,先月に引き続き,長野県上田市立菅平小学校の「学年別参観日」を開催し,2年生7組の児童とお母さんをお招きして,構内散策を行い,色々な生き物を観察しました。
 同センター構内には,植生遷移の各段階を保存しており,今回の散策路では75年間の植生遷移を体感できます。小学2年生にも「遷移」を感じ取ることができたようで,ミズナラ林に入ると「50歳,年取った!」とはしゃぐ子供たち! 普段は非公開となっている「大明神の滝」の清々しさにも満足されたようです。
 バードウォッチングでは,近くでかわいらしいキビタキが見られ,クロツグミやミソサザイの美しい囀りを聞きました。また,ミズキの葉柄をうまく引き伸ばすと,水の通路である維管束が何本もの糸のように現れます。児童,お母さん共に初めての体験に歓声を上げました。帰路,一人のお母さんがエゾハルゼミの羽化間近の幼虫が可哀想に枝に刺さっているのを発見しました。「モズの早贄(はやにえ)」です。
 午前中3時間の短い散策でしたが,色々なものを観察し触れ合うことができ,大成功の「学年別参観日」でした。
 菅平高原実験センターは,今後も可能な限り地域のニーズに応え続けます。

清々しく流れ落ちる大明神の滝
清々しく流れ落ちる大明神の滝
ミズキの葉柄から現れる維管束にビックリ!
ミズキの葉柄から現れる維管束にビックリ!
モズの早贄-枝に刺さるエゾハルゼミの幼虫
モズの早贄-枝に刺さるエゾハルゼミの幼虫

関連リンク

このページのトップへ