印刷

お知らせ・情報

いまさら聞けない,生物多様性ってなに?を考える会開催

2010/06/06菅平高原実験センター

 筑波大学菅平高原実験センターでは,地域交流や社会貢献を目的として,年に数回オープンデーを開催しており,6月6日,本年度最初のオープンデー「いまさら聞けない,生物多様性ってなに?を考える会」を開催しました。
 最近,生物多様性という言葉が巷で少しずつ聞かれるようになりました。特に今年は,生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が10月に名古屋で開かれることもあり,生物多様性に対する注目が世界的にも高まっています。しかしながら,生物多様性という言葉は本来専門的用語であり,一部の研究者にしか言葉の真の意味を理解できていません。そこで同センターでは,生物多様性の意味や価値を,そしてなにより,いろいろな種類の生物を知ることの面白さを肌で感じてもらいたいと考え,今回の生物多様性観察会を企画しました。
 午前の入門コースには,菌類の多様性観察,草原植物の多様性観察及び鳥類と生態系の多様性観察の3つの観察コースを用意し,好きなコースを1つを選んで参加頂きました。また,午後の上級コースでは,草原での植物の分布調査と実習室での統計解析を行い,参加者は延べ73人にのぼりました。
 今回の参加で初めて見た生物に,参加者達からは「楽しかった」「とても充実した観察ができた」等の言葉を笑顔と共にいただき,日常的に生物を見ている研究者にとっても,喜びを共有する一時となりました。

オオルリの観察
オオルリの観察
草原での植物観察
草原での植物観察
拡大画像
筑波大学生物学類4年の中島淳志さんが解説する樹木園(菅平高原実験センター内)での菌類観察
筑波大学生物学類4年の中島淳志さんが解説する樹木園(菅平高原実験センター内)での菌類観察
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ