印刷

お知らせ・情報

科学・技術フェスタ in 京都-平成22年度産学官連携推進会議-に出展・参加

2010/06/05

 6月5日,国立京都国際会館において「科学・技術フェスタ in 京都-平成22年度産学官連携推進会議-」(主催:内閣府,総務省,文部科学省,厚生労働省,経済産業省,日本経済団体連合会,日本学術会議他)が開催されました。
 このイベントは,産学官連携に携わる第一線のリーダーや,実務経験者等(主催者発表参加者5‚121人)が一堂に会し,産学官連携に向けた具体的課題を研究討議するとともに,情報交換,対話・交流等を図る目的で平成14年から開催されています。
 今回は,現在政府で検討中の「グリーン・イノベーション」や「ライフ・イノベーション」などを柱とする「新成長戦略」をテーマとするほか,産学官連携によるシーズとニーズのマッチング,高校生から一般向けの科学実験など,各種企画が行われました。
 筑波大学は,イベントホールにおいて産学連携本部の展示ブースを設け,動画・ポスター展示及び資料配布を行い,来場者に対し筑波大学の研究成果について紹介しました。また,山海嘉之教授(システム情報工学研究科)は,ライフ・イノベーション関係で「介護ロボットスーツ」について特別報告を行いました。

来場者に説明する太田司技術移転マネージャー(左)
来場者に説明する太田司技術移転マネージャー(左)
拡大画像
筑波大学の展示に見入る来場者
筑波大学の展示に見入る来場者
拡大画像

このページのトップへ