印刷

お知らせ・情報

SSH実習開催

2010/07/03-06 菅平高原実験センター

 7月3日~6日,筑波大学菅平高原実験センターにおいて,私立清真学園高校(茨城県鹿嶋市)のSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)の実習を開講し,10名の生徒が受講しました。梅雨時で天候が心配されましたが,野外活動の時間には折りよく雨も上がり,有意義な野外実習が行えました。
 初日は,菌類観察を行い,菌類・キノコの目を見張る世界に触れることができました。2日目以降は,生徒自身が研究計画を立てて,「川」という生態系での自然観察や,昆虫類などの採集をとおし,「生態的地位(ニッチェ)」の概念を理解する実習を行いました。一生懸命に観察を行い,得られたサンプルを夜遅くまで観察,分類し,班ごとで「生態的地位」とは何かを考え,最終日に,研究成果の発表を行いました。「泥質の川底では水生昆虫の多様性が低い。これは環境の均質性が高くニッチェの細分化が起こりにくいからである」など,教員やTA(ティーチングアシスタント)も驚くような新鮮な視点から自然を捉え,考察を展開した発表もありました。
 たいへん難しいテーマでしたが,「生態的地位」に対する理解を大いに深めたようです。

水生昆虫の採集
水生昆虫の採集
SSH実習参加者
SSH実習参加者

関連リンク

このページのトップへ