印刷

お知らせ・情報

ひらめき☆ときめきサイエンス「DNAからみた作物の多様性と分化を探る」開催

2010/07/30

 7月30日,今回で3回目となる実施責任者奥野員敏教授(筑波大学生命環境科学研究科),実施担当者大澤良教授(同)の『ひらめき☆ときめきサイエンス「DNAからみた作物の多様性と分化を探る」』を開催し,高校生9名の参加がありました。
 午前中は,奥野教授の講義や大学院生の研究成果発表を行った後,昨年度の反省点を踏まえて,午後からのDNA抽出実験をスムーズに行えるよう,参加者に実験手順のイメージをつかんでもらうための実験デモンストレーションを行いました。
 午後からの実験では,参加者が3名ずつの班に分かれて,大学院生等の指導のもと,参加者自らイネのDNA抽出を行いましたが,午前中のデモンストレーションが功を奏してか,順調に行うことができました。なお,抽出したDNAは,記念に持ち帰っていただきました。
 プログラム終了後は,参加者全員に修了証書を授与し,1日の様子をまとめたミニアルバムをプレゼントしました。

大学院生の研究成果発表に熱心に耳を傾ける参加者
大学院生の研究成果発表に熱心に耳を傾ける参加者
拡大画像
真剣な表情で挑戦するDNA抽出実験
真剣な表情で挑戦するDNA抽出実験
拡大画像

このページのトップへ