印刷

お知らせ・情報

群馬県高等学校教員生物部会夏季研究調査会開催

2010/08/02,03 菅平高原実験センター

 8月2日~3日,筑波大学菅平高原実験センターにおいて‚群馬県の高等学校生物部会教員の理科教育資質の向上及び実地研修を目的とした「群馬県高等学校教員生物部会夏季研究調査会」が開催されました。
 今回の研究調査会のテーマは「昆虫の分類」です。昆虫類は,種類で動物の約75%を占める地球上最も繁栄している動物群です。そのため,昆虫類の理解は生物学教育において大変重要です。しかし,高等学校の先生にとっては昆虫類について学ぶ機会はなかなかありません。この研究調査会では,これら先生に昆虫類の特徴を学ぶと同時に,できるだけ多くのグループを識別できる知識と能力を得ていただくことを目標としました。2日間でありながら,昆虫類及び全32目の特徴についての講義と,野外での昆虫採集及びそれらを持ち帰っての同定作業。自ずと充実した内容となりました。
 受講者からは,「夜遅くまでの丁寧な説明で,昆虫類を楽しく学ぶことができた」,「講師たちの昆虫への愛情を感じ,昆虫に慣れ親しむことができた」,「授業で生徒に教える際の沢山のネタを仕込むことができた」などの感想をいただきました。実際,昆虫類全32目中,25目もの観察ができたことは,受講された高等学校教員の方々にとっても貴重な経験になったことと思います。
 今後も,菅平高原実験センターは可能な限り,このような理科教育からの要請にも応えていきます。

自然が残された,センター敷地内を流れる大明神沢での水生昆虫の採集
自然が残された,センター敷地内を流れる大明神沢での水生昆虫の採集
大明神沢上流にある「大明神の滝」にて
大明神沢上流にある「大明神の滝」にて
採集した昆虫の同定作業に取り組む受講者
採集した昆虫の同定作業に取り組む受講者

関連リンク

このページのトップへ