印刷

お知らせ・情報

BSリーグ~めざそう未来の生物学者!~野外実習開催

2010/08/16-19 菅平高原実験センター

 独立行政法人科学技術振興機構(JST:Japan Science and Technology Agency)が平成20年度から始めた事業「未来の科学者養成講座」に筑波大学の「BSリーグ(Biological Science League)~めざそう未来の生物学者!~」(筑波大学生物学類主催)が採択されており,8月16日~19日,「第3期生ジェネラルフィールド実習」及び「第2期生アドバンストフィールド実習」を菅平高原実験センターで開催し,関東・中部地方を中心に,西は岩国市からの26人の小中学生を迎えました。
 ジェネラルフィールド実習は,今春,BSリーグに選考されたBS3リーグ(BSリーグは,BS1~3の3リーグからなっており,最初に入るリーグです。)生を対象としており,初対面からか,はじめは少し緊張している面持ちでしたが,全員が自然や生物が大好きな児童・生徒同士,すぐに友達になって,にぎやかで活気あふれる実習となりました。植生遷移などの自然観察,昆虫採集,昆虫標本作製,キノコ観察,採集,バードウォッチングなどをテーマに,目を輝かせて嬉々として実習に取り組んでいました。カモシカにも出会え,また,早朝のバードウォッチングではリスの食事風景を観察できました。折りよくネズミを研究している方がセンターに滞在していたので,ネズミ採集の様子も見学できました。
 アドバンストフィールド実習は,今春,BS3リーグから選考の上昇格したBS2リーグ生を対象としており,一歩進んだ実験を主体にしたプログラムを行いました。テーマの「ショウジョウバエを材料とした準薄切片作製と観察」では,走査型電子顕微鏡の試料作成と観察を行い,透過型電子顕微鏡を用いた観察も行いました。また,オワンクラゲで有名なGFPタンパク質遺伝子の大腸菌への組換え実験を行うなど,かなり高度なテーマでしたが,児童・生徒は,しっかりと実験の意味を理解し,実習に取り組んでいました。各テーマで,像が見えたり結果が出たりするたびに,感嘆の声を上げていました。
 夜の時間は各自の研究発表会で,お互いの研究を議論しあいました。今後も,筑波大学生物学類及び菅平高原実験センターは,生物学を目指す高いポテンシャルをもつ児童・生徒を支援する活動を推進していきます。

BSリーグ生の自己紹介と研究発表の様子
BSリーグ生の自己紹介と研究発表の様子
拡大画像
キノコの観察説明
キノコの観察説明
拡大画像
大腸菌を使った遺伝子組み換え実験
大腸菌を使った遺伝子組み換え実験
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ