印刷

お知らせ・情報

「バイオジャパン2010-ワールドビジネスフォーラム」に出展

2010/09/29-10/01 産学連携本部

 9月29日~10月1日の3日間,パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)において,「バイオジャパン2010-ワールドビジネスフォーラム」が開催され,筑波大学産学連携本部が出展しました。
 このイベントは,財団法人バイオインダストリー協会,財団法人ヒューマンサイエンス振興財団,日経BP社などが主催し,国内外の大手企業,ベンチャー,ファイナンスなどの支援産業,自治体,行政機関,大学,研究機関などが参加するバイオテクノロジー分野の国内最大級のフォーラムです。
 本年は第12回目の開催となり,「バイオ産業新生の時-オープンイノベーションの波に乗り遅れるな」をメインテーマとして,健康,環境・低酸素,食料,クラスター&バイオベンチャーの4つのテーマについて,各界のオピニオンリーダーによる講演,展示会,出展者セミナー,ビジネスパートナリングマッチングなどが行なわれました。
 筑波大学産学連携本部では,TLO・大学専用展示ブースで来場者に本学の研究成果の紹介を行うと共に,アカデミックシーズ発表会で,柿本茂八技術移転マネージャーによる「筑波大学産学連携活動」,市川創作准教授(筑波大学生命環境科学研究科)による「エマルションを基材とした高効率物質内包リポソームおよび脂質カプセルの作製」,宮崎均教授(同)による「オリーブ葉成分による酸化ストレス依存的疾病の予防」及び長崎幸夫教授(筑波大学数理物質科学研究科)による「抗酸化ストレス能を創り込んだナノメディシンの創出」と題するプレゼンテーションを行いました。また,期間中17社の参加企業と面談を行い,共同研究テーマ等の探索を行いました。
 なお,主催者発表で25‚532人もの来場者と,大盛況の催しとなりました。

アカデミックシーズ発表会で講演する市川准教授
アカデミックシーズ発表会で講演する市川准教授
拡大画像
アカデミックシーズ発表会で講演する宮崎教授
アカデミックシーズ発表会で講演する宮崎教授
拡大画像
アカデミックシーズ発表会で講演する長崎教授
アカデミックシーズ発表会で講演する長崎教授
拡大画像

このページのトップへ