印刷

お知らせ・情報

筑波大学メッセージソング「IMAGINE THE FUTURE ~未来を想え」を筑波大学学園祭等で披露

2010/10/10

 TSUKUBA BRANDING PROJECT は,10月10日12:00,筑波大学大学会館レストランプラザで開催された平成22年度(第13回)ホームカミングデー及び11日18:00から筑波大学中央図書館前石の広場で開催された第36回筑波大学学園祭後夜祭において,学生及び職員の有志によるコーラスで,筑波大学メッセージソング「IMAGINE THE FUTURE ~未来を想え」を披露しました。
 このメッセージソングは,スローガン“IMAGINE THE FUTURE.”の作者で,筑波大学の卒業生である一倉宏さんが作詞を,また,本学在学中から作曲家として活躍している吉川洋一郎さんが作曲したものです。筑波大学の創設以来持ち続けている「未来志向」ということと,この大学が未来への「フロントランナー」であるべきという二つの意味が込められています。
 後夜祭での披露では,山田信博筑波大学長から「この歌は,まだまだ未完成であり,学生,教職員でさまざまな形で作り上げ,学内外に広く発信していきたい。」との発言があり,歌い手や演奏者の参加を呼びかけました。
 ホームカミングデーでは,流れる音楽に思わず口ずさむ人もおり,和やかなお披露目となりました。

ホームカミングデーで学生及び職員の有志と歌う山田学長(右端)
ホームカミングデーで学生及び職員の有志と歌う山田学長(右端)
拡大画像
後夜祭では,作曲者の吉川さんが自ら指揮。歌う作詞者の一倉さん(左端)
後夜祭では,作曲者の吉川さんが自ら指揮。歌う作詞者の一倉さん(左端)
拡大画像
披露を前に,吉川さん(左端)の指導を受けるコーラス有志
披露を前に,吉川さん(左端)の指導を受けるコーラス有志
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ