印刷

お知らせ・情報

第34回秋季スポーツ・デー開催

2010/10/23,24

 10月23日及び24日の2日間,筑波大学筑波キャンパスで第34回秋季スポーツ・デーを開催しました。
 筑波大学のスポーツ・デーは,スポーツ・デー学生委員会が企画・運営し,春と秋の年2回,それぞれ2日間の日程で開催しており,高等学校などの体育祭や球技大会のようなものです。
 広大な敷地を持つ筑波大学の充実した体育施設を利用して,本学の学群生,大学院生,教職員であれば,誰もが楽しめるスポーツイベントで,各種目とも自由参加となっていますが,毎年延べ人数10‚000人以上と多くの参加者が集まり熱戦を繰り広げる,筑波大学特有の大学行事です。

 今年は,二日間とも晴天に恵まれ爽やかな秋風の中,スポーツを楽しむことができました。
 開会式では,山田信博筑波大学長(本部長)から,嘉納治五郎生誕150周年記念の年にちなんで,嘉納治五郎とスポーツ・デーの関わりについて触れられた挨拶があり,その後,筑波大学柔道部による型の披露が行われました。普段はなかなか見ることができないアトラクションの一つ一つの動きに,参加者は惹きつけられていました。
 屋外では,サッカー,キックベース,ソフトテニス,フィールドスポーツ等の競技を,また,屋内では,バレーボール,バドミントン等の競技を行い,1回戦から日頃の練習の成果が発揮されたレベルの高い試合が続きました。
 24日は,駅伝の競技を行いました。筑波大学全学学類・専門学群代表者会議代会,筑波大学体育会及び学内を循環する関東鉄道バスの協力を得て,普段走ることが出来ない車道にコースを設けましたが,段差も少なく走り易いコースに,参加者は疾走し,全員完走となりました。
 スポーツ・デー学生委員会の緻密な企画計画,円滑な運営により,無事全日程を終えることができました。

開会式での山田学長(本部長)挨拶
開会式での山田学長(本部長)挨拶
拡大画像
開会式に催された,柔道部による型披露
開会式に催された,柔道部による型披露
拡大画像
駅伝スタート
駅伝スタート
拡大画像

このページのトップへ