印刷

お知らせ・情報

COP10の生物多様性交流フェアにポスター発表参加

2010/10/18-29 中部山岳大学間連携事業

 10月18日~29日に名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)外で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議,COP:Conference of the Parties)の「生物多様性交流フェア」に,筑波大学(陸域環境研究センター・菅平高原実験センター・農林技術センター),信州大学及び岐阜大学の3大学連携による「中部山岳地域環境変動研究機構」は,ポスター発表で参加しました。
 この機構は,中部山岳地域における気候変動の影響の解明とその緩和策の探索が目的であり,同地域の生物多様性への影響も研究対象の1つとなっています。
 ポスター発表では,研究機構の概要,中部山岳地域の役割や意義等について紹介し,多くの参加者にメッセージを届けることができました。
 筑波大学は「地球環境再生プログラム-中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生を目指す大学間連携事業-」を精力的に展開していきます。

ポスター発表ブースの様子
ポスター発表ブースの様子
拡大画像

関連リンク

このページのトップへ